憲法論文答案練習 条約と国内法

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数4
閲覧数298
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    憲法論文答案練習
    ~条約と国内法~
    【問題】
    条約はいかに国内で妥当するか。
    【考え方】
     ・・・条約は国際法の法形式であるため、条約締結国で以下に妥当するかは、各国の憲法体系に委ねられている。
    <見解>
     ①条約にそのまま国内法的効力を認める立場
     → 明治憲法下での沿革、憲法98条2項で条約を誠実に遵守する旨定めていること、憲法73条3号で「国会の承認」が要求されており民主的コントロールが及んでいること、法律等と同様に「公布」(憲法7条1号)が要求されていること等を根拠とする。
     ②そのままでは国内法的効力は認められず、国内法的効力を認めるには、いちいち立法措置(いわゆる「変形」)が必要であるとする見解
    ・国際法と国内法の関係
    1)二元論
     ・・・妥当根拠を全く異にする別個の法秩序であるとする見解
    2)一元論
     ・・・両者が一個の統一的法秩序を構成しているとする見解
      → ①国際法を国内法に委任する上位の秩序とみる立場(国際法優位説)
        ②国際法を国内法に委任された法秩序であるとみる立場(国内法優位説)
    3)折衷説
      ・・・両者が別個の法秩序であることを認めながら、国際法..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。