手形小切手法論文答案練習手形行為総論 小切手の静的安全

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数3
閲覧数349
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    手形小切手法論文答案練習 手形行為総論
    ~小切手の静的安全~
    【問題】
     小切手において静的安全のための制度が要求されるのはなぜか。そのためにどのような制度があるのか。
    【答案例】
    1 小切手において静的安全のための制度が要求される理由
      小切手は、手形と同様に金銭債権を表章する有価証券であるが、それ経済的機能は、専ら金銭の支払手段たるところにある。すなわち、支払をなす者が、自ら金銭出納をなすことは過誤と危険を伴いやすいので、金銭の取扱いを専門とする銀行等に資金を置き、支払の度に小切手を振り出し、その所持人をして銀行等に提示せしめ、振出人の預金から支払を得させるのである。このように、小切手が支払の用具として、現金の代用物とされるためには、換金しようと思えば直ちに現金化しうること、すなわち、支払の簡易・迅速性が必要となる。
      そこで、小切手法は、右の見地から小切手の一覧払性を徹底するとともに(小切手28条)、持参人払式、記名持参人式を認め(小切手5条)、また支払拒絶証明の簡易化に関する規定(小切手39条)等を置いている。
      このように、小切手において支払の簡易、迅速性が図られると、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。