手形小切手法論文答案練習手形行為総論 手形意思表示の欠缺瑕疵

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数312
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    手形小切手法論文答案練習 手形行為総論
    ~手形意思表示の欠缺・瑕疵~
    【問題】
    Yは、Aに対する10万円の債務の支払のため10万円と記載すべきところ、誤って100万円と記入した約束手形をAに振り出した。手形がAから善意無重過失のXに裏書譲渡された場合、XはYに対して手形金100万円の支払を請求できるか。
    【考え方】
     手形行為も法律行為の一種であり、意思表示をその要素とする。
    ・・・民法の意思表示に関する規定によれば、意思の欠缺(心裡留保、虚偽表示、錯誤)および瑕疵ある意思表示(詐欺、強迫)の場合には取消しうる。
    ・・・これをそのまま手形行為に適用すると、善意の第三者保護規定のある虚偽表示と詐欺の場合以外には、手形の第三取得者は手形行為の無効・取消を物的に対抗されうることになってしまう。
     →   意思表示規定を適用できるか(表意者保護と手形取引の安全のバランス)?
    1)適用肯定説
      ・・・意思表示の欠缺・瑕疵に関する民法の規定は、手形行為にもそのまま適用される。
    2)適用否定説
     ①交付契約説・発行説を前提とする見解
     ・・・意思表示の欠缺・瑕疵に関する民法の規定は、手形行為には全..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。