民事訴訟法論文答案練習 訴え提起の効果

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数416
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    民事訴訟法論文答案練習
    ~訴え提起の効果~
    【問題】
     訴え提起の効果として何があるか。
    【考え方】
    訴え提起
    意義:訴えとは、原告が裁判所に対して裁判を求める申立てをいう(133条)。
    効果:特定の事件が特定の裁判所で審判される状態(訴訟係属)が生じる。
     ・訴訟係属の発生時期
     1)訴訟提起時説:現行法は訴え提起と訴訟継続を区別しない
             民事訴訟法147条
    2)訴訟送達時説:被告に訴状が到達して初めて二当事者対立構造が生じる
              訴状に不備があれば裁判長の命令で訴状を却下される
    ・訴訟法上の効果
    (1)二重起訴の禁止(142条)
    (2)訴訟参加(42条、47条、52条等)、訴訟告知(53条)が可能となる。
    (3)訴えの変更(143条)、反訴(146条1項)、中間確認の訴え(145条)などの関連した請求の裁判籍が発生する。
    ・実体法上の効果
    ・・・起訴のときに、起訴に基づく事項中断または法律上の期間遵守の効果が発生。
      → 時効中断の効果の根拠(147条の趣旨)から、どのように説明するか。
    1)権利行使説:訴状の提出は、権利者が権利の上に眠るべきもの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。