憲法論文答案練習 予算修正の限界

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数166
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    憲法論文答案練習
    ~予算修正の限界~
    【問題】
     国会による予算修正の限界について論ぜよ。
    【考え方】
     ・・・予算修正には、増額修正と減額修正が考えられ、それぞれ検討する必要がある。
      ・増額修正について
    1)予算行政説の考え方
      ・・・内閣の予算発案権を積極的に侵害するとして、否定するのが一般的。
    2)予算法律説の考え方
      ・・・予算も法律である以上、当然に無制限の予算修正が認められるとする。
    3)予算法形式説
      ・・・予算法形式説の中で考え方が分かれる。
        →ⅰ)予算発案権が内閣にあること、予算の専門性、技術性等を根拠として、同一性を損なわない範囲での予算の増額修正を認める見解。
        
     ⅱ)予算が本来国会の権能に属すること、予算を否決し、国会の意思に沿った
    新たな予算案の提出を求めうること等を根拠として、無制限の予算の修正が認められるとする見解。
      ・減額修正について
    1)全面的肯定説
        ・・・現行法では、明治憲法と異なり、減額修正を制限する条項が存在しないこと、減額修正なら内閣の予算発案権を積極的に侵害することにはならないこと等を根拠として、国会は、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。