憲法論文答案練習内閣 衆議院の解散

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数486
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    憲法政治内閣問題行政国家国会選挙司法制度法学

    代表キーワード

    憲法

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    憲法論文答案練習 内閣
    ~衆議院の解散~
    【問題】
     衆議院の解散に関して、実質的決定権者、根拠条文、解散事由が憲法69条の場合に限定されるか否かについて、自説を述べ反対説を批判せよ。
    【考え方】
     衆議院の解散とは、「衆議院議員全員について、その任期満了前に議員として資格を失わせる行為」をいう。
     問題となるのは、(1)実質的決定権者、(2)根拠条文、(3)解散事由である。
     解散の実質的決定権者
    → ・自律解散説
      ・内閣説 → → 根拠     解散事由
               ・7条説 ・・・非限定説
    ・69条説・・・限定説
                ・65条説・・・非限定説
                ・制度説 ・・・非限定説
    〔見解〕
    1)内閣=69条=限定説
     ・・・この見解は、国会の最高機関性、解散の根拠に関する明文が69条しかないこと等を根拠とする。
         ↑
        これまでの憲法実例に反する、国民と議会の意思の不一致が疑われる場合等、69条以外にも解散を行い、民意を問う必要がある場合があるという批判がある。
    2)内閣=7条=非限定説
     ・・・この見解は、現実に69条..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。