刑法答案練習住居侵入罪 複数の居住者の場合

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数248
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    刑法答案練習 住居侵入罪
    ~居住者が複数の場合に一部の者の同意を得た立ち入り~
    【問題】
    Xは、Aの妻Bと親しくなり、Aの不在中に姦通目的でA宅に赴き、Bの同意を得てA宅に立ち入って情交を結んだ。
    【問題点】
    ・・・居住者が複数の場合において、一部の者の同意を得た立ち入りは住居侵入罪を構成するか。
    【見解】
    (参考として)住居侵入罪の保護法益
    ① 旧住居権説
     …家長の有する住居権という法的権利であるとの見解
    ② 平穏説
     …事実上の住居の平穏であるとの見解
    →この見解によると、「侵入」の意義は、「住居の平穏を害する態様の立ち入り」となる(平穏侵害説)。
    ③ 新住居権説
       …住居に誰を立ち入らせ、誰の滞在を許すのかを決める自由であるとの見解
       →この見解によると、「侵入」の意義は、「居住者・管理者等(住居権者)の意思に反する立ち入り」となる(意思侵害説)。
    ○ 居住者が複数の場合において、一部の者の同意を得た立ち入り
    ・・・平穏説、新居住権説どちらにも消極説・積極説がある。
    【答案例1】(新住居権説で消極説をベースに作成)
    1 Xは姦通目的でAの妻Bの同意を得てA宅に立ち入って..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。