刑法答案練習社会的法益 代理名義の冒用

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数288
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    刑法答案練習 社会的法益
    ~代理名義の冒用と文書偽造罪の成否~
    【問題】
     Xは、Aの代理人でないのにもかかわらず、行使の目的をもって、「A代理人X」名義の契約書を作成した。
    【問題点】
    ・・・文書偽造罪の成立につき、当該文書の名義人を誰とみるか。
      →文書偽造罪の条文「偽造」とは、有形偽造、つまり、1)他人名義を、2)冒用して、文書を作成することを意味する。(形式主義からの帰結)
      ⇒1)に関し、代理名義でなされた文書の名義人は誰かが争点となる。
    【見解】
    ①本人Aとみる見解 → 有形偽造となる。
    ②「A代理人X」という合一した名義とみる見解 → 代理人としての人格で限定
                           → 有形偽造となる。
    ③代理人Xとみる見解 → 無形偽造となる。
    【答案例】
    1 契約書は、「権利、義務若しくは事実証明に関する文書」であり、私文書偽造罪(刑159条1項)の客体である。そこで、Xが、何らかの代理権を有さないにも関わらず、「A代理人X」の名義の契約書を作成した行為は、私文書偽造罪を構成するだろうか。
    2 まず、文書偽造罪の条文にある「偽造」の意味が問..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。