二重譲渡と横領罪の成否 第二買受人の罪責

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数502
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    二重譲渡と横領罪の成否 ~第二買受人の罪責~
    【問題】
     Xは、自己所有の土地をAに売却し、代金を受け取ったが、Aが所有権移転登記を完了していなかったことを奇貨として、XA間における売買を知っているBに同土地を売却し、所有権移転登記を完了させた。Bの罪責はどうなるか。
    【問題点】
    ①BがXA間の売買の存在を知りながら、当該土地を買い受けた行為は、横領罪(252条1項)の共犯(幇助犯)(刑62条1項)または盗品等有償譲受罪(刑256条2項)を構成するか。
    → 盗品等関与罪が成立するには、その実行行為以前に既に本犯が既遂となって客体が存在していなければならない。(⇔未遂の場合は本犯の共犯が成立する..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。