刑法論文答案練習 不法原因給付と財産罪

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数3
閲覧数287
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    刑法論文答案練習 
    不法原因給付と詐欺罪
    【問題】
     Xは、人を殺してやるとAを欺き200万円を交付させた。
    【問題点】
    財物の交付(=処分行為)が民法708条の不法原因給付に該当し、交付者がその返還を請求することができない場合にも、詐欺罪(刑246条1項)が成立するかが問題となる。
    ・民法上保護に値しない債務を刑法上保護する必要があるか。
     肯定説・・・刑法による保護は民法上保護される利益に限定する必要はないとして刑法の独自性を強調する立場
     否定説・・・民法と刑法を統一的に理解しようとする立場
    答案1
     Xが、Aに人を殺してやると欺いて200万円を交付させた行為は、詐欺罪(刑246条1項)..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。