賃借権の移転と譲渡担保

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数371
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1 賃借権の移転と譲渡担保
    問題
     Yは、Aの所有する甲地を、建物所有目的でAから賃借し、その上に乙建物を建て、自己名義で保存した。YはBから融資を受けるにあたり、担保のために乙建物の所有権をBに移し、売買を原因とするBへの所有権移転登記をおこなった。しかし、乙建物は依然としてYが使用を続けている。
     その後、Aは、甲地をXに売却し、売買を原因とするXへの所有権移転登記をおこなった。この場合、Xは、Yに対して、甲地からの退去を求めることができるか。
    解答
    1 XはYに対して所有権に基づく建物および土地明渡の請求ができるか。
    (1)Xについて
     Xは、Aから土地甲を買い受けて(民555条)、所有権を取得しており(民176条)、所有権移転登記を済ませている。
      よって、Yに所有権の移転を対抗できる(民177条)。
    (2)Yについて
      YはAから甲地を借りている(民601条)が、対抗要件である乙建物の登記名義が譲渡担保設定のためにBとなっている。
      そこで、YはXに対して借地借家法10条1項の「登記」があるとして対抗できるか。
      思うに、譲渡担保権者の建物登記も「登記」と認めないと、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。