民法答案 不法行為に基づく損害賠償請求

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数405
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    民法答案 不法行為に基づく損害賠償請求
    問題:AとBとは子供のいない夫婦である。夫Aは経営し、妻Bは専業主婦をしていたが、両社の性格の不一致により、4年前から別居を始めた。別居後の状況は以下のようになっている。Aは別居後、自宅を出て、現在は借家に居住している。AはBとの離婚を希望しているが、Bはこれに応じようとせず、話し合いが続いている。AはBに生活費を与えないため、Bはやむを得ず近所のスーパーでアルバイトをして生計を立てている。Aは別居直後から、上記の借家で、飲食店勤務のCという女性と同棲している。AはCに、「Bと別れて君と結婚するつもりだ」と説明している。以上を前提とした上で、次の問に答えよ。
     
    (1) BのCに対する慰謝料請求が認められるかどうかについて検討せよ。
    (2) Aは、深夜、Cの勤務する飲食店に立ち寄った後、Cが運転するC所有の自家用車に乗った。しかし、アルコールを飲んでいたCが運転を誤り、自動車を道路左脇のガードレールにぶつけたため、助手席にいたAが死亡した。Aは、事故当時、会社経営に行き詰まり、多額の負債を抱えていたので、遺族であるBは相続放棄をした。
        こ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。