民法答案 不法行為 債務不履行

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数307
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    民法答案1 不法行為・使用者責任・債務不履行
    問題
    A建設会社の従業員Bは、Aの建設現場で働いていた。その際、仕事の段取りのことで同僚C(同じくAの従業員)と言い争いになり、Cを殴って負傷させた。Cが受けた損害は治療費、入院費、慰謝料などで総額550万円になった。
    (1) この事例におけるABCの法律関係について説明しなさい。
    (2) 上の事例における事実関係において、AとCが話し合い、Aがこの損害のうちの300万円を賠償し、残額についてはCは賠償請求しないことにした。このような場合におけるABC間の法律関係を説明しなさい。
    知識まとめ
    ① 不法行為における使用者責任(民715)
     被用者が第三者に損害を加えた場合、それが「事業の執行について」なされたものである限り、使用者自らその責任を負う(民715参照)。
    この制度の根底には、報償責任と危険責任の考え方がある。前者は「利益の存するところに損失をも帰せしめる」というものであり、使用者が他人を使用して企業活動の範囲を広げた分、その責任は使用者に帰するべきであるという考えである。他方、後者は危険源を支配する立場にある者が責任を負うという考..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。