会計学原理テスト用メモ

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数4
閲覧数287
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    会計学原理 テスト用メモ
    ① 会計の目的
    1備忘記録
     ・記録対象:日々のお金に絡んだ出来事
     
    2受託責任の履行(お金を提供してくれた人に使途を説明するため)←株式会社の出現
     ・過去指向:過去にどうあったかを受託者に対して報告すればよい
     ・財産管理:投資したお金がどのように使われたのか把握するため
    ⇒ 従来の株主にだけ説明すればよいのか?
      内部の人間に対しては?
    ☞ 会計定義の拡大 作成者指向から利用者指向へ
    3意思決定有用性(利用者の経済的な意思決定に役立てるため)
    将来指向
    将来キャッシュフローの予測
    ○ ASOBAT(基礎的会計理論報告書)による会計の定義
    ・・・会計=情報利用者が事情に精通して判断や意思決定を行うようができるよう、経済的情報を識別・測定・伝達するプロセス
    ・・・どのようなアプローチ???
    ① 価値アプローチ
     ・利用者の情報要求は十分に知られている
     ・利用者の意思決定モデルは、価値を算定できる
     ・価値を算定するのは、作成者
    ②事象アプローチ
    ・利用者の情報要求は知られていない
    ・利用者意思決定モデルは、価値を算定できない
    ・価値を算定するのは、利用..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。