国際関係論レポート課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数2,523
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    国際関係論レポート(「ヨーロッパ国際関係史」)
                        
     私の読んだ「ヨーロッパ国際関係史」は、ヨーロッパにおける国際関係がどのように変化してきたのかを近代西洋国家の歴史にまで遡って考察している。ヨーロッパを文学や思想を通して見るだけでなく、多角的にその姿を捉えている。この本は、序章に加え、1章から6章で構成されている。
     序章では、ヨーロッパを捉えるためのキーワードを三つ(「ヨーロッパ概念」「ヨーロッパ国際体系の行動様式」「ハイアラーキーな国際関係構造」)提示している。ヨーロッパという概念は大航海時代をきっかけとする地理上の発見とヨーロッパに侵略してくる外敵の存在によって意識されるようになった。ヨーロッパ諸国は権謀術数の中で、各々が自己の利益を追求しつつ、他方である国を完全に弱体化させてヨーロッパ全体の秩序を崩壊させないように行動している。この行動様式は現在でも見られる。また、紛争解決について、ヨーロッパの中でも大国が定期的に会議を開いて、その課題の解決を図った。そこでは、小国の意見は無視された。このことから中心-周辺的な関係の構造が見えてくる。
     ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。