大学院 所得税レポート課題

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数8
閲覧数488
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    大学院のレポート課題。
    事業所得・一時所得・雑所得の所得区分について判例をまとめて多少コメントしたもの。
    司法試験H21年についても少々。

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    レポート課題 営利を目的とする行為と所得区分を選択
    第1 総論
     問題文で指摘されているように事業所得・一時所得・雑所得は「営利性」「対価性」「事業と言えるか」などの様々な要素を考慮して区別される。
     ①一時所得と雑所得、または、②事業所得と雑所得かを検討し区別する実益は、①については、担税力の違い(一時所得は2分の1課税)から生じ、②については、損益通算(所得税法69条1項)の可否より生じる。そのため、裁判等で両当事者が「営利性」「対価性」の有無、「事業と言えるか」について主張を争わせることになる。よって、上記3つの所得を区別する基準につき以下で検討する。
    第2 一時所得と雑所得との違い
    1 論述の流れ
     以下で、雑所得かを決するメルクマールである「対価性」「営利性」(対価性を中心に)について、それぞれ先例等を見た上で判例の当否や射程を検討する。
    2 「対価性」について
    (1) 先例
     ・東京高判昭和46年12月17日判タ276号365頁(「対価性」について)
     管財課長が受け取ったリベートの所得区分(一時所得または雑所得)が問題となった事案(授業で取り扱った)で「『対価性』は、弁護..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。