租税法まとめ8

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数185
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    法人税法

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    租税法まとめ8
    配当控除・趣旨 (所92)         防 止
    法人擬制説採用 ⇒ 二重課税になる  ⇒ 配当控除  
    ・p398 期間計算主義を修正する意義限界(繰越控除のはなし)
    雑損控除
    【判例 CB:p404~】
    災難事件
     「雑損とは、納税義務者の意思に基づかない、いわば災難による損失を指す」
     ⇒詐欺は瑕疵あるとはいえ、一応意思に基づくからダメ
    医療費控除 一定の支出により納税者の担税力が毀損したことを考慮する制度とされる
        メガネはだめ。
    税額計算
     「平均課税」所90条⇒変動所得(所2①23号)・臨時所得(所2①24号)
     単発的に収入激増した人のための制度。
    【所得税まとめ】  ⇒ この体系を叩き込む!!!
    ①所得の人的帰属(実質所得者課税の原則) 
    ②所得概念(=包括的所得概念)
    ③非課税所得(9乗)
    ④所得分類(10種)
    ⑤年度帰属
    ⑥計算
    ~ 条文フォロー(所得税法) ~
    ・7条 納税者の範囲
    ・9条 非課税所得の範囲
       16号 個人からの贈与は「所得税法上」非課税 ⇒ 贈与税でカバー(二重課税を防ぐ)
    ・12条 実質所得者課税の原則
    ・22条 課..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。