憲法答案練習 プライバシー権 知る権利とのバランス

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数249
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    憲法人権情報法律問題犯罪子供プライバシー権利

    代表キーワード

    憲法

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    憲法答案練習 ~プライバシー権~
    〔問題〕
     13歳未満の子供の親権者が請求した場合には、国は、子供に対する一定の性的犯罪を常習的に犯して有罪判決の確定した者で、請求者の居住する市町村内に住む者の氏名、住所及び顔写真を、請求者に開示しなければならないという趣旨の法律が制定された。この法律に含まれる憲法上の問題点を検討しなさい。
    〔答案〕
    1 本法律により、性犯罪を犯した者のプライバシー権が侵害されるので、本法律は違憲  ではないか。
    まず、14条以下に規定されている人権カタログは、網羅的でなく、それらに限定さ  れるものでない。もっとも、人権を安易に認めてしまうと、本来保障する必要性の高い  ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。