うつ病の特徴と治療

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数308
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    障害ストレス人間関係精神医学うつ

    代表キーワード

    医学

    資料紹介

    精神医学

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1、うつ病とは
    うつ病とは気分障害のひとつに分類される精神疾患である。抑うつ気分や不安、焦燥、精神活動の低下、食欲低下、不眠などのうつ状態が症状の中心となる。
    うつ状態を示してはいても、それらすべてがうつ病と診断されるわけではない。一過性の心理的なストレスに起因するものや、統合失調症など他の疾患の症状としてうつ状態を示すもの、あるいは季節的な変化などによるうつ状態のうち、うつ病と診断されるものは「2週間以上にわたり毎日続き、生活の機能障害を呈している」というある程度重度の状態であることが条件とされる。
    気分障害は、双極型と単極型に大きく分けられる。双極型とはうつ症状と、躁症状が繰り返される、いわゆる躁うつ病である。躁うつ病は統合失調症とともに2大精神病のひとつとされている。単極型はうつ症状のみがあらわれる。とくに強いうつ症状を示すものを「大うつ病」、うつ症状は軽いが2年以上続いているものを「気分変調性障害」と呼んでいる。うつ病は時に自殺という行為を引き起こす、命に関わる病気であるということを理解しなければならない。
    2、うつ病の発症について
    うつ病の性差は双極型では男女比ほぼ1対1であ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。