子どもの精神保健上の問題と、のぞましい対応について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,578
ダウンロード数31
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1,はじめに
    近年、少子化、核家族の増加、世帯構成人員の減少などにより、子どもの環境が大きく変化している。これらの変化は地域社会における人間関係の希薄化を生み、子どもの心身の成長、発達にとって必要な体験の機会が不足しがちである。社会事象として子どもの問題を理解しようとする視点も必要である。
    また、児童虐待、不登校、犯罪の低年齢化など子どもに関するさまざまな問題が増え続けている。社会的にも子どもの心の健康状態に対し関心が高まっており、精神保健や育児支援のあり方が検討されてきている。
    それぞれの発達段階において子どもの精神的健康、また良好な環境が維持されないと、心身の健全な成長、発達に悪影響を及ぼしやすい。子どものころに心身の健全な成長、発達がなされないと、人格形成に歪みが生じやすく、社会生活における適応が困難となることが考えられる。乳・幼児から学童期かけて成長する子どもの発達を追いながら、そこに起こるであろう精神保健上の問題をとらえ、子どもが健全な成長、発達を遂げていくために精神保健上留意すべき事柄を、発達のそれ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「子どもの精神保健上の問題を説明し、のぞましい対応について考察しなさい。」
    1,はじめに
    近年、少子化、核家族の増加、世帯構成人員の減少などにより、子どもの環境が大きく変化している。これらの変化は地域社会における人間関係の希薄化を生み、子どもの心身の成長、発達にとって必要な体験の機会が不足しがちである。社会事象として子どもの問題を理解しようとする視点も必要である。
    また、児童虐待、不登校、犯罪の低年齢化など子どもに関するさまざまな問題が増え続けている。社会的にも子どもの心の健康状態に対し関心が高まっており、精神保健や育児支援のあり方が検討されてきている。
    それぞれの発達段階において子どもの精神的健康、また良好な環境が維持されないと、心身の健全な成長、発達に悪影響を及ぼしやすい。子どものころに心身の健全な成長、発達がなされないと、人格形成に歪みが生じやすく、社会生活における適応が困難となることが考えられる。乳・幼児から学童期かけて成長する子どもの発達を追いながら、そこに起こるであろう精神保健上の問題をとらえ、子どもが健全な成長、発達を遂げていくために精神保健上留意すべき事柄を、発達のそれ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。