個別援助技術の構造と機能

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数908
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1、はじめに
    社会福祉援助技術を進めるにあたっては、援助技術の構成する要素を知り、援助活動そのものや援助者の果たすべき役割を確認することが必要である。援助者は援助技術の構造を認識した上で援助活動を行う。その際、援助者は自らの役割、機能について理解した上で援助活動を行わなければならない。
    援助技術の構造や機能は、福祉専門職としての価値、倫理と、それらを基盤とした専門知識、技術の上に成り立つ。援助技術の構造と機能が、社会福祉援助職としての価値、知識、技術に裏付けられた時、はじめて専門性が発揮される。
    2、個別援助技術の構造
    援助活動は、人を相手に行う活動であり、援助者と利用者はそれぞれ異なる人格、価値観、生い立ち、背景をもった存在である。援助者と利用者との関係は、信頼関係の上に成り立つ目的を持った援助活動であり、援助者は情緒のコントロールが求められる。その意味において援助者と利用者との関係は、普通の人間関係とは違い、常に対人援助の特殊性による枠組みに影響されるのである。ケースワークの母といわれるM.リッチモンドは著書「ソーシャルケースワークとは

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「個別援助技術の構造と機能について述べよ。」
    1、はじめに
    社会福祉援助技術を進めるにあたっては、援助技術の構成する要素を知り、援助活動そのものや援助者の果たすべき役割を確認することが必要である。援助者は援助技術の構造を認識した上で援助活動を行う。その際、援助者は自らの役割、機能について理解した上で援助活動を行わなければならない。
    援助技術の構造や機能は、福祉専門職としての価値、倫理と、それらを基盤とした専門知識、技術の上に成り立つ。援助技術の構造と機能が、社会福祉援助職としての価値、知識、技術に裏付けられた時、はじめて専門性が発揮される。
    2、個別援助技術の構造
    援助活動は、人を相手に行う活動であり、援助者と利用者はそれぞれ異なる人格、価値観、生い立ち、背景をもった存在である。援助者と利用者との関係は、信頼関係の上に成り立つ目的を持った援助活動であり、援助者は情緒のコントロールが求められる。その意味において援助者と利用者との関係は、普通の人間関係とは違い、常に対人援助の特殊性による枠組みに影響されるのである。ケースワークの母といわれるM.リッチモンドは著書「ソーシャルケースワークとは..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。