社会福祉の存在意義

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数470
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉は資本主義社会の中で貧民救済として誕生した。欧米諸国における産業革命、資本主義社会の発展は、少数の富豪と多数の貧民を生み出した。資本家にとっては、労働者を低賃金で長時間、重労働をさせることが、資本拡大への近道であった。資本家は賃金労働者を悪条件で雇用し、ますます富を得ていく。こうして資本主義社会の繁栄の中で住民の経済格差が生じ、貧民をつくる社会の仕組みができてしまった。当初、貧困は本人の怠惰によるものとされ、処罰の対象とされていたが、それでは根本的な貧困対策にはならず、国も社会構造的な問題と認め、対策を講じざるを得なくなった。貧困は資本主義社会の矛盾によって引き起こされる社会問題であるという捉え方に変わり、社会福祉・社会保障が誕生したが、それらが権利として認識されるようになったのは第二次世界大戦後のことである。
    戦後制定された日本国憲法には、基本的人権や生存権の保障などが盛り込まれた。そしてそれらを国の責任において保障するために社会福祉が位置づけられ、関

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『現代社会において、社会福祉はいったい何のために存在しているのか、また市民から何を期待されているのかについてまとめなさい。』
    社会福祉は資本主義社会の中で貧民救済として誕生した。欧米諸国における産業革命、資本主義社会の発展は、少数の富豪と多数の貧民を生み出した。資本家にとっては、労働者を低賃金で長時間、重労働をさせることが、資本拡大への近道であった。資本家は賃金労働者を悪条件で雇用し、ますます富を得ていく。こうして資本主義社会の繁栄の中で住民の経済格差が生じ、貧民をつくる社会の仕組みができてしまった。当初、貧困は本人の怠惰によるものとされ、処罰の対象とされていたが、それでは根本的な貧困対策にはならず、国も社会構造的な問題と認め、対策を講じざるを得なくなった。貧困は資本主義社会の矛盾によって引き起こされる社会問題であるという捉え方に変わり、社会福祉・社会保障が誕生したが、それらが権利として認識されるようになったのは第二次世界大戦後のことである。
    戦後制定された日本国憲法には、基本的人権や生存権の保障などが盛り込まれた。そしてそれらを国の責任において保障するために社会福祉が位置づけられ、関..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。