社会福祉援助と、その価値・知識・技術・倫理について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数1,439
ダウンロード数21
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『「社会福祉援助実践とは何か」を明らかにした上で、援助実践を支える土台としての価値・知識・技術・倫理について論述せよ』
    1,はじめに
    日本国憲法第25条は、国民には生存権があり、国家には生活保障の義務があると謳われている。今日の社会福祉はこの日本国憲法を基に、すべての国民が幸せに暮らすことを目的として発展してきた。
    さまざまな社会問題、生活問題が混在する現代社会において、社会福祉の担うべき役割は大きい。日本国憲法を具体化するための諸制度、政策、社会資源等が発展していく中で、それらと対象者を結びつける仕組みがなければ社会福祉は機能しているとは言えない。対象者が諸制度、政策、社会資源等を活かして自分らしい幸せな暮らしを実現するための援助実践について考えてみたい。
    2,社会福祉援助実践とは
    複雑多様化する現代において、我々はさまざまな生活上の困難や不安を抱えることが多い。社会福祉援助実践とは、このような生活上の問題に対し専門的かつ社会的に働きかけ、自己実現を援助していく実践活動である。それには、目標を持ってよりよい結果が得られる方法を追求するような福祉労働にしていこうとする努力が重要であり、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。