児童福祉の法体系及び実施体制について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,281
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1,児童福祉の法体系
    日本国憲法を柱として、戦後の社会福祉は大きく発展しており、児童福祉もその例外ではない。戦後の社会福祉は、日本国憲法の第11条「基本的人権」や第13条「幸福追求権」、第25条「生存権」などに基づいて発展しており、それらの権利は児童にも等しく保障されるものである。さらに第26条「教育を受ける権利」や、第27条3項「児童の酷使の禁止」などが謳われ、日本国憲法やそれに基づいて制定された児童福祉法や児童憲章によって、子どもの権利は理念的には確立した。これは未熟な存在で保護すべき対象から、権利の主体としての子どもへ、子ども観が大きく転換したといえる。
    戦後の混乱の中で、子どもたちの置かれた環境は劣悪な状況であった。戦災孤児の多くが浮浪児となって街にあふれ、その日その日を生きるため必死になっており、中には窃盗などのいわゆる「不良行為」をはたらく子どもたちいた。そういった子どもたちへの対策が緊急課題となり、昭和22年に児童福祉法が制定された。
    その第1条では「国民は児童が健やかに生ま

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「児童福祉の法体系及び実施体制について論述しなさい(法律の最近の改正には特に注意を払うこと)。」
    1,児童福祉の法体系
    日本国憲法を柱として、戦後の社会福祉は大きく発展しており、児童福祉もその例外ではない。戦後の社会福祉は、日本国憲法の第11条「基本的人権」や第13条「幸福追求権」、第25条「生存権」などに基づいて発展しており、それらの権利は児童にも等しく保障されるものである。さらに第26条「教育を受ける権利」や、第27条3項「児童の酷使の禁止」などが謳われ、日本国憲法やそれに基づいて制定された児童福祉法や児童憲章によって、子どもの権利は理念的には確立した。これは未熟な存在で保護すべき対象から、権利の主体としての子どもへ、子ども観が大きく転換したといえる。
    戦後の混乱の中で、子どもたちの置かれた環境は劣悪な状況であった。戦災孤児の多くが浮浪児となって街にあふれ、その日その日を生きるため必死になっており、中には窃盗などのいわゆる「不良行為」をはたらく子どもたちいた。そういった子どもたちへの対策が緊急課題となり、昭和22年に児童福祉法が制定された。
    その第1条では「国民は児童が健やかに生ま..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。