生活保護制度の目的・原理・原則

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,867
ダウンロード数34
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1,はじめに
    私達は日本国憲法によって「健康で文化的な最低限度の生活を営む権利」が保障され、またその生存権の保障は国の義務であることが定められている。そして、この憲法の規定する生存権の保障を国が具体化するために制定されたのが生活保護法である。つまり、生活保護法は生存権の理念に基づくものである。
    病気や失業などにより収入の道が断たれると、たちまち生活危機に直面する。そうなった時のため、あるいはそれを予防するための制度が生活保護である。国の責任としたのは、病気や失業などの生活上の事故は、誰にでも起こりうることだからである。特に資本主義社会においては、少数の資本家と多数の労働者との生活格差がどんどん大きくなる欠点を持っている。そのうえ、景気の変動も避けられない。資本主義社会では構造的に貧困がつくられているとも言える。生存権の実現のために不可欠である生活保護制度の目的や原理、原則を学び、生活保護制度の重要性を考えたい。
    2,生活保護制度の目的
    生活保護法第1条には生活困窮者に対する最低生活保障とともに,その自立助長を目

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「生活保護制度についてその目的と原理・原則をまとめ、自分の意見を述べよ。」
    1,はじめに
    私達は日本国憲法によって「健康で文化的な最低限度の生活を営む権利」が保障され、またその生存権の保障は国の義務であることが定められている。そして、この憲法の規定する生存権の保障を国が具体化するために制定されたのが生活保護法である。つまり、生活保護法は生存権の理念に基づくものである。
    病気や失業などにより収入の道が断たれると、たちまち生活危機に直面する。そうなった時のため、あるいはそれを予防するための制度が生活保護である。国の責任としたのは、病気や失業などの生活上の事故は、誰にでも起こりうることだからである。特に資本主義社会においては、少数の資本家と多数の労働者との生活格差がどんどん大きくなる欠点を持っている。そのうえ、景気の変動も避けられない。資本主義社会では構造的に貧困がつくられているとも言える。生存権の実現のために不可欠である生活保護制度の目的や原理、原則を学び、生活保護制度の重要性を考えたい。
    2,生活保護制度の目的
    生活保護法第1条には生活困窮者に対する最低生活保障とともに,その自立助長を目..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。