精神保健対策について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数529
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    福祉精神社会障害者精神保健

    代表キーワード

    精神保健

    資料紹介

    1.はじめに
    精神保健とは、こころの健康を保とうとするすべての人々のためのものである。精神障害を予防・治療しようということだけでなく、こころの健康を保持・向上させる活動を進めていくこと、さらに様々な形での障害を抱えながらも、すべての人々が個人として尊厳を持って生きていくことにつながっているものである。
    今日こころの健康は、誰もが身近に感じる問題になっている。家庭、学校、職場、地域でこころの健康を保ち、いきいきと生きていくことができる社会にするために、精神保健福祉は重要な役割を担っている。
    2.精神保健の概念
    精神保健福祉法第一条には、「この法律は、精神障害者の医療及び保護を行い、障害者自立支援法(平成十七年法律第百二十三号)と相まつてその社会復帰の促進及びその自立と社会経済活動への参加の促進のために必要な援助を行い、並びにその発生の予防その他国民の精神的健康の保持及び増進に努めることによつて、精神障害者の福祉の増進及び国民の精神保健の向上を図ることを目的とする。」と明記されている。
    精神保健の目的は2つある。ひとつは、精神障害者への医療、福祉の増進、も

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「精神保健対策について述べよ。」
    1.はじめに
    精神保健とは、こころの健康を保とうとするすべての人々のためのものである。精神障害を予防・治療しようということだけでなく、こころの健康を保持・向上させる活動を進めていくこと、さらに様々な形での障害を抱えながらも、すべての人々が個人として尊厳を持って生きていくことにつながっているものである。
    今日こころの健康は、誰もが身近に感じる問題になっている。家庭、学校、職場、地域でこころの健康を保ち、いきいきと生きていくことができる社会にするために、精神保健福祉は重要な役割を担っている。
    2.精神保健の概念
    精神保健福祉法第一条には、「この法律は、精神障害者の医療及び保護を行い、障害者自立支援法(平成十七年法律第百二十三号)と相まつてその社会復帰の促進及びその自立と社会経済活動への参加の促進のために必要な援助を行い、並びにその発生の予防その他国民の精神的健康の保持及び増進に努めることによつて、精神障害者の福祉の増進及び国民の精神保健の向上を図ることを目的とする。」と明記されている。
    精神保健の目的は2つある。ひとつは、精神障害者への医療、福祉の増進、も..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。