社会福祉現場実習指導1(事前指導)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,562
ダウンロード数38
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「社会福祉援助技術現場実習の意義と目的を明らかにした上で、社会福祉労働の専門性について具体的に論述せよ。」
    1,はじめに
    これから実習を行うにあたって、実習生のあり方をきちんと考えておかなければならない。実習先は人の生活の場であり、人と人とが直接関わる実践の場である。連続性のある対象者の生活に短期間関わらせていただくことが、どういう意味を持っているのかを踏まえ、そこでの学びを最大限吸収できるよう、準備をしておく必要がある。実習が有意義な者になるかどうかは、自分自身にかかっている。実習態度や姿勢など常識的なことはもちろん、実習の意義を考え、主体的な実習を行うことが重要である。
    社会福祉専門職を目指す者として必要な専門知識、専門技術、倫理観を身につけるとともに、今自分が関心を持っていることを整理し、実習のテーマや課題を明確にして、実習に臨みたい。
    2,現場実習の意義と目的
    現場実習の目的は社会福祉実践から学ぶことそのものであると考える。まずは社会福祉労働としての社会福祉実践を、見て、感じることである。目の前で起こっていることを、背景も含めて正しく捉えることは、社会福祉実践の第一歩である。次..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。