社会福祉援助技術演習Ⅱ2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数633
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「ソーシャルワーク実践事例7「高齢者夫婦世帯の介護に対する地域支援活動の展開」(p.287~p.293)を読んで、演習課題のポイント1、について考察せよ。」
    1、妻が入院中の段階
    今まで家事の多くを担ってきたであろう妻の入院によって、Aさんが食事・洗濯・掃除などの家事を行わなければならない。また、病院での看病疲れがあり、食生活が不規則になっている。
    食事確保の問題について、本事例では食事サービスの提供を提案している。最初は世間体を気にして利用に抵抗を感じていたAさんであるが、試行期間を設けるなど専門員の適切な援助によって、利用に結びついている。食事サービスでは配食を担当するボランティアとのコミュニケーションも、Aさんに支援につながっている。
    他にも食事確保についていくつかの方法がある。現在では民間の配食弁当も充実している。Aさんが要介護認定を受けられた場合、介護保険のヘルパーによる買い物、調理の援助も可能になる。長男・長女を巻き込み、例えば長男と長女が週1回ずつ訪問し、食事の援助を行うというのもひとつの方法である。また、これらの方法を組み合わせての援助もできるであろう。
    長男・長女にも..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。