社会福祉援助技術演習Ⅱ1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数694
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「ソーシャルワーク実践事例1「児童虐待通告事例への児童相談所の介入的な対応」(p.243~p.249)を読んで、演習課題のポイント3、について検討せよ。」
    1、はじめに
    児童虐待発生の背景には、家庭内の葛藤や子育てにおける孤立に加え、核家族化、都市化などによる、地域社会の希薄化など社会的な要因がもたらす影響も大きい。児童虐待は、どこの家庭にも起こり得るといえよう。
    虐待をしている親自身が悩み、苦しみんで場合も多い。どんな親も最初から虐待をしていたわけではなく、親自身も困難をかかえているのである。今日では、虐待をする親と子ども、双方への適切な支援のあり方が一層注目されているのである。
    2、本事例における親への支援のあり方
    虐待は、発生要因がいくつも重なり合って起こる。本事例についても、長女に知的発達の遅れが見られること、乳児期に親との分離を体験していること、母親が再婚したことによる継父であること、両親が暴力を容認する価値観を持っていること、さらに経済的不安定、夫婦間不和、実家と疎遠、近隣からの孤立など、虐待の要因が複数重なって起こっている。そのなかで、ソーシャルワーカーは、どのような状況..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。