社会福祉援助技術演習Ⅰ1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数412
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「テキスト事例1(p.243)を読み関係者・機関・施設等による連携の重要性を検討し、それらが虐待防止に果たす役割を考察しなさい。事例1について考察すること。」
    1、はじめに
    子どもの虐待事例は、複雑かつ多様な問題を抱えていることが多く、その解決には、一機関や一個人では限界がある。各関係機関が緊密に連携・協力し、子どもと家庭を支援していく必要がある。各機関はそれぞれの機関の役割と機能を相互に理解するとともに、必要な情報を共有しながら適切に連携し、一致した援助方針に基づいて対応することが求められる。
    このリポートでは、利用者のニーズや生活課題などを分析し、援助する過程において、専門職としてのアプローチの仕方や、関係機関との連携の重要性について学びたい。
    2,虐待の発生要因
    虐待につながると思われる家庭の状況として、経済的な困難、夫婦間の不和、育児疲れ、親族・近隣・友人からの孤立、などがあげられる。さらに知的発達の遅れ、親との分離体験、養・継父母など子どもと血縁関係がない場合には、特定の子どもだけに虐待を行う場合が多い。
    虐待は、発生要因がいくつも重なり合って起こる。この事例についても、長女..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。