社会福祉援助技術演習Ⅰ2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数376
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「テキスト事例7(p.287)を読み『演習課題のポイント2』について検討しなさい。事例7について検討すること。」
    1、ニーズの把握
    Aさんと関わるきっかけは民生委員からの情報提供である。Aさんの妻が入院し、Aさんがその間、事実上独居状態となっていることから、妻が退院するまで食事サービスを利用できないかと相談であった。福祉活動専門員は、食事サービスの弾力的な運用の可能性も考え、民生委員とともにAさん宅を訪問した。
    Aさんは自身の食事について困っているとしながらも、サービスを受ける際の世間体を気にしている。さらにAさんには病院での看病疲れが見られ、食生活も不規則なようである。また、Aさんの妻は寝たきりになる可能性が大きいことも分かった。
    初回の訪問で、食事の確保の他にも、Aさんの妻が寝たきりになる可能性が大きく、今後Aさんが主介護者になる可能性があること、妻の退院後、在宅・施設どちらの生活になるにせよ、今までのAさんの生活とは大きく変わってしまうこと、看病疲れや、そこからくる不規則な食生活によってAさん自身の体調悪化のおそれなど、さまざまな課題があることが分かった。
    2、食事サービスの開始..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。