グリーン・ニューディール政策と日本の太陽光発電関連企業

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数13
閲覧数518
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    グリーン・ニューディール政策と
    日本の太陽光発電関連企業
    深 大基
    目次
    I. はじめに 2
    II. グリーン・ニューディールとは 3
    A. アメリカのGND 3
    B. 日本のGND 3
    III. 日本の太陽光発電関連企業の現状 5
    A. 市場規模 5
    B. 日本企業の陰りと欧州の政策 5
    C. 日本企業に復権の機運 7
    D. 企業の反応 7
    IV. 総括 - 日本の太陽光発電発展のためには - 10
    V. 参照文献 11
    はじめに
    現在、世界経済は1929年に起こった大恐慌以来の危機に直面しているといわれている。このアメリカ発端の世界金融危機は、2009年に入り金融危機から実体経済への影響がさらに明確となった。世界各国の首脳は、次々と大規模な経済対策を発表したが、従来までの経済対策と違う環境に配慮した、グリーン・ニューディールという政策が注目を浴びている。
    そうした中で、1月13日、マーケティングビジネスを手がける、富士経済は海外主要27ヶ国で、太陽光発電市場が2008年の見込み10,096MWから2020年は48,725MWへと約4.8倍に拡大すると予測したレポートを発表した 。大..

    コメント1件

    hh960896 購入
    奈良の葛飾工場とありますが、葛城工場の間違いではありませんか?
    2010/01/14 14:26 (6年11ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。