総合型地域スポーツクラブの求められる背景と意義

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数1,147
ダウンロード数25
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    スポーツは、他者との約束ごと(ルール)によって成り立っています。ルールを共有することで、スポーツが可能となります。
     人々が社会で気持ちよく暮らして行くためには約束ごとが欠かせません。人々は約束ごとでコミュニケーションを成り立たせ、それを成り立たせるシステム全体を「文化」と呼んでいます。しかし、社会の急激な変化によってその「文化」が揺らいでいます。地域の絆、人と人との絆の喪失など、地域社会はさまざまな課題を抱えています。子どもの体力低下も深刻な問題であり、大人にとっても、生きがいや健康づくり、医療費の増大も切実な問題です。
     身体を動かし、コミュニケーションを伴うスポーツだからこそ出来ることがあります。
     スポーツのもともとの意味は「気晴らし・遊び」です。外来語のスポーツは今日まで、いろいろな意味をもって使われてきました。スポーツのもつ価値は決して一つではありません。「スポーツマンシップ」や「フェアプレー」などといった今日当たり前のものでも、19世紀のイギリスのジェントルマンという上流社会の人々の考え方でつくられたものです。
     同じようにスポーツにつきものの競争も約束ごとの一つに過ぎません。スポーツは競争することだけに意味があるのではありません。仮に1着でゴールしても、そこにライオンがいれば真っ先に襲われてしまう、そんなこともあります。
     21世紀の日本、固定的な考え方にとらわれずに、やわらかい発想でスポーツについて考えてみませんか。

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

     スポーツを楽しんでいますか?
     スポーツだから出来ること
     県民の成人のみなさまへのアンケート結果を見てみますと、3人のうち2人はスポーツに興味関心
    をお持ちで、そのうち1人は週1回以上スポーツを行っている、もう1人はやりたいけど機会がない、
    機会があったらやってみたい、という回答でした。
     みなさんはいかがですか?
     今、満足しているとおっしゃられる方々でもご家族の方々はいかがでしょうか、大切な方々も同じ
    ようにスポーツを楽しまれているでしょうか。家族一緒に、好きな人と一緒にスポーツを楽しめたら
    素晴らしいですね。いや、それが当たり前なのかも知れません。
     ところが、現状はどうでしょうか。
    子どもはスポーツする子としない子の二極化が進んでいます。スポーツする子は何種目でもしま
    すが、しない子はまったくしないといった状況です。遊び場が無かったり、安全の問題もありますの
    で、家の外で身体を動かす機会がほとんどないようです。
    小学生から高校生までのスポーツ環境は学校単位、年齢分断型と言われます。スポーツ少年団、
    学校運動部活動は地域や学校によって、種目数が限られてしまいます。必ずしも、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。