世界の相撲

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数6
閲覧数1,381
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    相撲とは、素手組み討ち格闘技のことで、もっぱら投げることによって相手を倒すのを競うスポーツである。相撲は、数多くある人類の格闘技の中でも最も古いものの代表格であり、地域と人類文化史上の段階を問わず、地球上の多くの民族によっておこなわれている。日本人の意識では、相撲に土俵はつきものであるが、日本の相撲に土俵が現れるのは江戸時代以降のことであり、それ以前は土俵なしで相撲はとられていた。そして、世界でおこなわれている相撲もまた土俵をもたない。

     相撲のルールは実に多様である。たいていは立ち技で勝負を決するが、はじめる姿勢、身体のどの部位をとって組み合うか、そして、どの部位を地につければ勝ちとなるのかといった点については統一がみられない。相撲をとる機会・目的についても、日常の娯楽や競技会のみならず、新年祭、収穫祭、客人の歓迎、出産祝、成人式(割礼)、葬式、など多岐にわたり、善悪の判断のために神明裁判としての相撲もおこなわれている。また、男だけに限らず、女同士の対戦もあり、男と女が相撲をとるところもある。こうした男女対抗の相撲の意味は優劣を競うことではなく、性が象徴的結合をはたすことによって豊穣を確かなものする、といった観念が背景にあると考えられる。

     このように、相撲は世界の民族がそれぞれの伝統的文化・生活のなかで培ってきたスポーツであり、だからこそ民族のアイデンティティ形成には抜群の威力を発揮するといえよう。

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    1/6
    相撲の名称 期日・意義・特色
    アゼルバイシャン ギュレシュ ラウンド制、寝技あり
    アジア アフガニスタン コシティ ターバンをマワシとして巻き、持久戦で戦う
    アルメニア コホ 音楽伴奏付き
    イラン コシュティ
    ズールハネ(=「力の家」男子身体訓練場)のなかで行う。イスラム教シーア派のアイ
    デンティティ形成文化といえる
    バラティヤ・クシュティ 多くの相撲部屋があり、徹底した禁欲生活をおくっている
    山岳地帯のナガランドに住むナガ
    系諸族
    キュケペ(キュカ・アンプー、リュピング)
    キボ、ケンネー
    結婚式にて花嫁家側と花婿家側の対抗で行われ、いずれが長生きするか、または子
    どもは多いか少ないかが占われる。死者祭として行う所もある
    マニプール州のメイテイ族
    王の前で行われる相撲では、勝者は王に敬意を表するために、跳び上がり空中で右
    の尻を叩いて大きな音を出した
    アッサム高原に住むカシ族 互いに指を取り合い、その状態で押し合い相手を倒す。そのまま持ち上げても勝ち
    アンダマン島 アドレンガ 子ども達がしばしば砂浜で行う
    アンボン島、ウリアッサ島 パナエ・ムリン 子ども達だけが行う
    サブ島 ペ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。