雄の繁殖疾患

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数28
閲覧数182
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    雄の繁殖疾患
    雄の繁殖疾患の分類
    1) 交尾欲(性欲)減退症: 最も発生が多い。
    2) 交尾不能症: 性欲はあるものの・・・。
    3) 生殖不能症: 性欲や交尾・射精能力は
    あるが、精液性状に問題が
    ある場合。
    交尾欲減退症
    ・発情雌に関心を示さない状態。
    原因:
    1. 不適切な飼育管理によるストレス
    2. 栄養障害(過肥、削痩)によるホルモン分泌低下
    3. 環境の急激な変化(ストレス)
    4. 精神的な要因(いやな思い出)
    5. 先天的な下垂体・精巣の内分泌異常
    直接的な原因としては、androgen の分泌不足。
    交尾欲減退症
    治療法:
    1. 飼育管理の改善、運動、日光浴(気分転換)
    2. 飼料の改善(配合飼料の適した給与)
    3. 安静、休養
    4. ホルモン療法
    GnRH-アナログ製剤、 hCG製剤、
    テストステロン製剤 (PMSG併用も可)
    交尾不能症
    ・原因として、勃起不能症の場合と四肢・蹄の
    障害の場合とに分類できる。
    勃起不能症
    1) 先天的な原因(解剖学的な原因)
    陰茎の発育不良、 陰茎湾曲症、
    陰茎後引筋の異常、 ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。