相対年代法とはどのような方法かについて説明しなさい。

会員2,160円 | 非会員2,592円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数767
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    地学

    代表キーワード

    地学

    資料紹介

    慶應通信 地学のA採点レポートです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    地球が誕生し現在までの進化の過程を明らかにする事は地球年代学にとっての命題であ
    る。
    地球の進化の過程を明らかにするには地球システムの構成要素、存在状態、各サブシス
    テムを明らかにし、それぞれの相互作用を理解する必要がある。まずは構成要素がいつ生
    成されたかを明らかにする必要があり、その測定方法には大きく分けて二つの方法挙げら
    れる。一つは実年代で表す「絶対年代」と、時間の前後関係を示す「相対年代」である。
    それぞれ利点と欠点を持ち合わせているが、利点を生かし、欠点を補いながら双方を組み
    合わせて年代測定をする事により、より正確な判定を可能としている。そこで、相対年代
    について絶対年代と比較しながら説明し、相対年代の欠点であるいくつかの問題点につい
    て取り上げる事とする。
    絶対年代法
    絶対年代法の代表例として放射性炭素年代測定が挙げられる。この測定方法は大気中に
    含まれる炭素14(放射性炭素)が地上に存在する有機物に変換・蓄積させた後、食物連
    鎖により動植物に広く分布し、それらが死滅すると炭素14の取り込みを止め、取り込ま
    れた炭素14は壊変によって次第に減少し消滅する。この炭素..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。