化学的風化、物理的風化、生物的風化作用のお互いの関係についてまとめなさい。

会員2,160円 | 非会員2,592円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,154
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    地学

    代表キーワード

    地学

    資料紹介

    慶應通信にてA採点のレポートです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    化学的風化、物理的風化、生物的風化作用のお互いの関係についてまとめなさい。
    風化とは地表または地表付近に存在する堆積物や地表に露出された堆積岩、火成岩、変成
    岩など岩石類が受ける物理科学的変化および変質を意味する。風化によって岩石を構成す
    る鉱物は、地表付近の環境条件で安定もしくは準安定な物質に変質する。地表環境の様々
    な気候による影響で気温、湿度、風の作用が異なるだけではなく、地形や水の形態も様々
    であり、風化作用の要因も多様である。本論で取り上げる風化の要因は科学的風化、物理
    的風化、生物的風化であり、それぞれの風化作用を説明するともに、それぞれの相互作用
    についてまとめる事とする。
    化学的風化
    化学的風化は雨量が多く比較的湿度の高い気候条件下でおこる化学反応によって、地表及
    び地表付近での鉱物が安定に変化していく過程である。化学的風化で最も大きな役割を果
    たすのが水である。この水と大気が岩石、鉱物と接触して水和、溶出、酸化、還元といっ
    た化学反応を起こす。ケイ酸塩鉱物の風化は基本的には脱ケイ酸、脱塩基への反応が進み、
    溶解度の高い元素が除去され、溶解度の低い元素が残りカオリ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。