交通論 分冊2 国際航空輸送市場

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数457
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    21世紀はグローバルにモノ・ヒトが自由に移動する航空輸送の時代の到来である。国際航空輸送市場では、世界単一の激しい競争市場へと変化してきている

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    国境を意識する国際化時代から次第に、国境を意識しないようなグローバル化の時代へと進展してきている。特に全世界的規模で「人・物・資本・技術・情報」などが交通手段の技術革命によって可能となった。
    交通手段の発展の意義は、運賃の低廉化、迅速性、安全性、大量性、正確性、快適性、および便利性などの諸条件の完全が進展してきているので、観光をはじめ、国際的な人の移動が活発化してきている。海外旅行は、従来のような一部の富裕層だけのものから、一般大衆の利用へと解放されてきている。
    交通手段の発達、とくにジェット機の登場、さらにその大型化は、輸送コストを低減し、経済性、採算性が高まることによって、航空経営が可能となった。
    1978年の米国の航空企業の規制緩和法、1980年には国際空港輸送競争法が制定され、米国がめざす航空自由化が世界的に波及しつつあり、航空会社による路線の廃止、新設の選択が活発化してきた。直航サービス・ネットワークからハブ・スポーク型ネットワーク・システム(HASS)へと移行している。自社路線の周辺のスポークから集めた旅客・貨物を可能な限り、自社独自の放射状ネットワークを形成し、最終目的地..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。