商業政策 分冊1

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数11
閲覧数339
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     マーケティング論では事業組織あるいは個人を取り巻く外部環境変化や企業の経営資源(ヒト、モノ、カネ)のヒトつまり人材は短期の視点で管理不能変数といい、技術の改革もグローバルな外部環境変化として表れることが多いことから管理不能変数として考える必要がある。管理可能変数は事業組織や個人が自分自身でコントロールできる変数のことをいい、マーケティング論では4P(Product(製品)、Place(場所‥流通)、Promotion(促進)そしてPrice(価格)の4つの変数の頭文字を指す)戦略という。ミクロ・マーケティングのサブ戦略として組み合わされる。4Pの組み合わせをマーケティング・ミックスという。管理不能変数に対応できる管理可能変数を、4Pというコンセプトと統合して具体的な戦略マーケティング戦略を確立するという考え方である。
     このコンセプトをマネジリアル(事業経営的)マーケティングと言う。政策というマクロ・マーケティングに対応する、事業経営というミクロの側面に対応することからミクロ、マーケティングと言い換えることもできる。
    マーケティングの重要な概念は、消費者満足という考え方で、この消費者..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。