為替フロート(変動相場)の下でさえ通貨当局が為替市場に介入しなければならない理由は何か

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数552
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    国際金融取引や貿易の決済に不可欠のもの、それが、異なる通貨間の交換レートすなわち「外国為替相場」である。為替相場の安定を維持するために通貨当局が市場介入していた固定相場制度から、変動相場制度へと移行した現代、それでもなお通貨当局が市場に介入しなければならない理由は何であろうか。
    戦間期、金本位制の硬直的かつデフレ的側面や為替レートの競争的切り下げ、および貿易縮小的な為替規制や二国間主義の台頭を経験した世界経済は、通貨の安定と世界経済の復興、開発の理念を実現することを目的としたブレトン・ウッズ会議にて、国際通貨制度の枠組みである「IMF協定」を設けた。この協定が想定したものは、経常取引における通貨取引の自由化と多角的決済制度の確立を目的とした、調整可能な金ドル本位制に基づく固定相場制度であった。この制度は、ドルを基軸通貨と定めてドルと金の交換比率を固定しておき、各国がドルと自国通貨の交換比率を固定することによって、自国通貨の価値に裏づけを持たせるというもので、米国がドルと金の交換を保証することから、各国はドルを国際取引の決済通貨や準備通貨として利用した。しかし1960年頃から、基軸通貨国..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。