高齢者とは

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数496
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    高齢者社会介護道徳家族問題人間老人自然権利

    代表キーワード

    社会

    資料紹介

    「いたわる」とは、弱い立場にある人などに同情の気持ちをもって親切に接する。気を配って大切に世話をする。というような意味である。
    「自律」とは、他からの支配・制約などを受けずに、自分自身で立てた規範に従って行動すること。という意味と、カントの道徳哲学で、感性の自然的欲望などに拘束されず、自らの意志によって普遍的道徳法則を立て、これに従うこと。という意味がある。
    人は絶対に死ぬ存在である、それが高齢者のように年老いて迎えるものであれ、必ず人間は、生きるものは終焉を迎えるものなのであるということは間違いないと思う。
     そのような人たちをどのように「いたわる」のか、そのような人たちがどのように「自律」するのかを考えてみようと思う。
     高齢者についてである。「一般的に、人間の人生の中で成長することと老いることのなだらかな移行が思い描かれるべきである。まったくの無能力と言ってよい乳児のときから、人は他者から力を与えられ、助けられて成長し、徐々に他者に力を与えられるようになって、社会に貢献できるピークの時期を経て、また他者からいたわりを受ける割合が大きくなって

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    高齢者とは
    12061026
    倉部宏樹
    「いたわる」とは、弱い立場にある人などに同情の気持ちをもって親切に接する。気を配って大切に世話をする。というような意味である。
    「自律」とは、他からの支配・制約などを受けずに、自分自身で立てた規範に従って行動すること。という意味と、カントの道徳哲学で、感性の自然的欲望などに拘束されず、自らの意志によって普遍的道徳法則を立て、これに従うこと。という意味がある。
    人は絶対に死ぬ存在である、それが高齢者のように年老いて迎えるものであれ、必ず人間は、生きるものは終焉を迎えるものなのであるということは間違いないと思う。
     そのような人たちをどのように「いたわる」のか、そのような人たちがどのように「自律」するのかを考えてみようと思う。
     高齢者についてである。「一般的に、人間の人生の中で成長することと老いることのなだらかな移行が思い描かれるべきである。まったくの無能力と言ってよい乳児のときから、人は他者から力を与えられ、助けられて成長し、徐々に他者に力を与えられるようになって、社会に貢献できるピークの時期を経て、また他者からいたわりを受ける割合が大きくなって..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。