教育相談①

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数195
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     現在、青少年による事件が後を絶たない。これは、青少年が抱える心の病や、対人関係の問題などによるものが原因と考えられるが、そのような大きな事件に発展しないまでも、多くの中学生や高校生が心理的な問題に苦しんでいるといわれている。そこで、平均的な中学・高校に通う中学生・高校生がもつ可能性がある心理的な問題を精神・行動の障害と不適応・問題行動に分けて取り上げてみた。
     まずはじめに、精神・行動の障害とはどのようなものであるのか。精神・行動の障害は、基本的には、大きく3つに分けられる。1つめは心の病気で、精神病と神経症がある。2つめは、人格障害といわれるもので、性格のゆがみから社会に適応できず、生活においてさまざまな問題をおこすものである。3つめは、子どもの発達途上に起る精神・行動の障害である。これは先に述べた2つとは別に、子どもが発達途上に起こるものとして分けて考えられる。
     では平均的な中学生・高校生がもつ可能性があるものとはどのようなものがあるだろうか、代表的なものとして、精神病の一つであるうつ病があげられる。うつ病とは、落ち込んだ気分や、普通は楽しいと活動に喜びや興味を失い、不安や焦燥..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。