08810体育科指導法2分冊

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数195
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    2分冊 横・手書き
    略題 体育の評価について
    評価の目的・種類を述べ、各領域の評価の観点で特徴的な点を挙げよ
    注 はじめに・おわりにをつけること
    はじめに-教育一般や、課題に係る社会問題など
    おわりに-レポートのまとめ、100~200字程度
    はじめに
     現代の教育では、学校だけでの学習活動だけではなく学校を卒業した後の人生における生涯学習や、生涯体育・スポーツといったその後の人生に関わる教育の基礎としての学習活動が目標として授業が展開されている。特に体育科には、人生を健康で安全に過ごすための基礎体力など、教科の枠を超えた人生の基盤となる力の育成が求められている。
     体育科における評価の目的は4点あり、単元の途中で児童にフィードバックされ、次回の授業へ意欲をつなげることのできる評価。生涯体育・スポーツの基礎となり、健康的な生活を実践するための態度と能力を育てるための評価。教師が単元ごとの指導内容や方法を再検討するための評価。そして最後に、指導要録に記載され評定の参考資料とするための評価である。結果だけではなく、学習活動中の過程も評価の対象となるため、単元ごとの目的を明確にしておかなければ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。