08814(教科)理科1分冊

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数440
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    08814 (教科)理科 1分冊
    略題<力・浮力・運動・電気>
    (1)
    ①力の合成と分解
    同じ方向の力の場合は、合計が等しくなるようにいくつかの力に分解もしくは一つに合成することができる。
    違う方向の2つ以上の力に分解する場合、分解された力を順につなぎ合わせることで元の力と同じにならなければならない。2つの力の場合は、元の力が平行四辺形の対角線、分解した力がその平行四辺形の2辺に等しくなる。違う方向の2つ以上の力を合成する場合も同様に、合成される力をつなぎ合わせると合成した力と等しくならなければならない。また、合成される2つの力が平行四辺形の2辺であり、合成されてできた力が平行四辺形の対角線という関係になる。
    ②パスカルの原理
    密閉された注射器のような上部にピストンのついた容器に液体を入れ、ピストンにWkgの力をかけた場合、ピストンの下面および容器のすべての壁面と底面に等しい圧力Pが発生する。液体は圧縮されても体積がほとんど減らないため、ピストンにかけられた力ががそのまま反発する力として圧力に変換される。
    その時の式は、P(圧力)=W(ピストンを押した力)/A(ピストンの面積)であらわ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。