いわゆる律令国家の行政機構について考察・分析しなさい。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,084
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.律令国家とは、律令を基本法典とする国家をいう。律令国家の基本原理は、官僚制や班
    田収受を中核とする中央集権であり、旧来の政治体制を大きく変えるものであった。646 年
    に発せられた改新の詔においても、公地公民制への移行、行政制度の整備などが謳われ
    ている。日本においては、対内的には、乙巳の変において暗殺された蘇我入鹿による専横
    的政治に対する不満のため政治改革が求められ、対外的には、中国で続く戦乱に対抗する
    ために国内体制の強化が要請された。そこで、律令国家となる必要が生じたのである。
    2.(1)中央における官職制度は、二官八省制が採られた。これは、天皇の下に太政官(一般
    政務を司る最高部局)と神祗官(祭祀を司る)とが置かれ、さらに、太政官の下に八省(中務省、
    式部省、治部省、民部省、兵部省、刑部省、大蔵省、宮内省)が置かれる分業体制であった。
    また、これらの官職にある役人を監視するために、弾正台が置かれた。
    もっとも、この官職制度は当時の国情には適合しなかったのであろう、後に、令法典に規
    定のない官職が設置されるようになった(令外官)。これには、関白・蔵人・検非違使などがあ
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。