債務名義の必要性、債務名義の意義等

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,928
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    民事執行法・民事保全法
    課題文 : 強制執行に債務名義の存在が必要とされるのはなぜか。また、民執法22条が定
    め る 各 号 の債務名義の種類や取得方法などについて説明しなさい。
    1.債務名義とは、一定の私法上の請求権の存在と範囲を表示した公の文書で、法律がこれ
    に執行力を認めたものをいいます。民執法 22 条は、強制執行は債務名義により行われると
    規定し、各号において債務名義の種類を規定しています。
    2.では、債務名義は何のために必要なのでしょうか。一言でいうと、民事執行手続において、
    迅速性と適正性を確保することに、債務名義の必要性があるといえます。
    強制執行を行うためには、請求権の内容が確定している必要があります。そこで、この作
    業を執行機関が行うのも 1 つの方法ではあります。ですが、そのためには、執行手続にその
    枠組みが必要となります。また、請求権存否の確認は、慎重な手続によらなければなりませ
    ん。そうすると、その手続は、多大なコストと膨大な時間を要する、複雑かつ煩雑なものにな
    ってしまいます。
    このような方式を採用することは、当事者双方に様々な負担を強いることに..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。