法の解釈

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数3,377
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    法の解釈

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    課題 法の解釈について論ぜよ。
    (字数制限は設けませんが、課題に注意してください。「説明」ではなく、「論じること」を求め
    ています!!)
    1.法の解釈とは
    法の解釈とは、実定法に含まれている法規範の意味内容を明確にする作業をいう。ある紛
    争が発生し、その解決が裁判に委ねられると、裁判官はまず事実認定を行い、当該事実に
    該当する法を適用する。この時、当該法が直截的に紛争解決に資すれば問題はない。だが、
    社会や経済の急激な発展は、紛争の多様化・複雑化を招来した。適用可能な法が、そのま
    まの形では適用できない場合には、裁判官はどうするのであろうか。
    2.法の解釈の必要性
    (1)必要性
    法規範を、現実社会で発生する、あらゆる事案を想定して作ることは著しく困難または不
    可能である。そのため法規範は、ある程度一般的で抽象的なものにならざるをえない。そし
    て、事案が発生するごとに、解釈によって法規範の意味内容を導き出すほうが実際に即して
    いる。ここに、法解釈の必要性がある。
    (2)事例
    具体的事例として、明治36年の「電気窃盗事件」が挙げられる。この事件では、電気が財
    物であるかどう..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。