慣習法について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数566
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    慣習法について

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設題 慣習法について論じてください。1,000 字以上は書くこと。教科書(参考文献も
    含 み ま す ) の 丸 写 し は 減 点 と し ま す 。
    1.はじめに
    慣習法とは、一定の社会において、その構成員によって反復継続して行われてきた行動
    様式のうち、法としての効力を有するもので、不文法の一種とされる。
    2.慣習法の効力
    成文法主義をとる近代国家において、なぜ慣習法に法源としての効力が認められるのか。
    それは、慣習が存在する社会においては、成文法だけでは適切な紛争解決がされないこと
    がなされないことがあるからである。このため慣習法には、一定の法領域において、制定法
    に欠けている部分を補充し、場合によっては制定法を修正する能力が要求されることとな
    る。
    3.慣習法と制定法
    その原則的規定がある。通則法3条は、「公の秩序又は善良の風俗に反しない慣習は、法
    令の規定により認められたもの又は法令に規定されていない事項に関するものに限り、法律
    と同一の効力を有する。」と規定する。すなわち、公序良俗に反しない慣習については、法
    令の規定により認められているもの(例えば、民法2..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。