道徳教育の要である道徳の時間を

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数8
閲覧数1,161
ダウンロード数48
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

       「道徳教育の要である道徳の時間を、児童の心に響くとともに主題のねらいを達成する学習指導の構想を述べよ。」
     現代の小学校教育において、道徳の授業は児童の心身の発達及び人格形成の過程の中で、非常に重要な授業とされている。ここでは、その道徳の時間について以下のように述べる。
     小学校学習指導要領における道徳教育及びその目標は、次のようにまとめられている。
     学校における道徳教育とは、学校の活動全体を通して行うものであり、道徳の時間をはじめとして各教科、特別活動及び総合的な学習の時間のそれぞれの特質に応じ、適切な指導を行わなければならない。
    また道徳教育の目標は、学校教育および教育活動全般の中で、道徳的な心情、判断力、実践意欲と態度などの道徳性を養うこととする。道徳の時間においては、この目標に基づき、各教科、特別活動及び総合的な学習の時間における道徳教育と密接な関連を図りながら、計画的、発展的な指導によってこれを補充、深化、統合し、道徳的価値の自覚を深め、道徳的実践力を育成するものである。したがって、道徳の時間とは、児童一人ひとりが道徳的価値を持つ関わりにおいて自己を見つめ主体的に道徳..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。