体育の授業における

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数8
閲覧数558
ダウンロード数27
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

       「体育の授業における『わかる』と『できる』の関係性とこの両者が学べる授業とはどのような授業であるのかを述べなさい」
     学校体育の役割には、豊かな運動・スポーツの経験によって身体機能や運動能力の発達、健康の維持増進、体力の向上などを図る面や、コミュニケーションを図り相手のことを考えて行動する人間関係作成の基盤、運動遊びやスポーツの経験を生かし生涯にわたってスポーツを楽しめる資質や能力を養う、といった面が見られる。この学校体育の授業において、「わかる」ことと「できる」ことは運動学習の授業構成及び児童の成長のために必要不可欠な存在であるといえる。本稿では、この関係性及び両者を学べるような授業内容・展開について以下のように述べる。
    1. 「わかる」「できる」における二つの対立見解及び「わかる」「できる」の意義
     「できる」ことには「わかる」ことが必要なのか、という問いがある。この問いに対し、そう対立する二つの立場から見られたそれぞれの見解がある。それは次の通りである。
     第一の立場は、「わかる」ことなど不要とする立場である。この主張では、「わかる」ことを求めるには、子どもに「考えさせる」..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。